プロの誇りがつくる味 播州ハム
HOME 商品一覧
定番商品 グルメ商品
送料込みセット 特選セット

セレクション
予算で選ぶ
人気で選ぶ
用途で選ぶ
店長に相談する

スペシャル
本物の頒布会
桃色吐息
骨付きハムの通販
オーダーメイド

播州ハム物語

お楽しみコーナー

イベントギフトコーナー



買い物カゴ お届け・送料 ヘルプ よくあるご質問
製造工程のご紹介

くん煙の前に、ロースハムの表面に付着している水分を、「炭火」を使って乾燥させます。 この時の乾燥が悪いと、すす汚れたようなロースハムに仕上がってしまいます。また、逆に過度に乾燥しすぎると、表面は硬くなり、くん煙のノリは悪くなってしまいます。この乾燥工程も手が抜けない部分です。

適度な乾燥の後、くん煙工程に移ります。

職人の熟練した技が必要な「くん煙」

ボタンを押せば機械におまかせの全自動スモークハウスとは違い、播州ハムでのくん煙は、毎回の火加減や発煙量の調整に、長年の経験が必要とされる作業です。

一気に温度を上昇させずに、ゆっくりと目的の温度まで上昇させ、肉の中心温度が25〜35℃になる時間帯を通常より長く取ることによって、より風味が増すようにしています。 また、素材や製品の仕上がりイメージによって、もちろんくん煙前の乾燥時間や乾燥具合、およびくん煙の温度帯も変更。途中で炭を足したり減らしたり、ドアを少し開けたり、逆に空気の取り入れ口をしぼるなど、微調整を繰り返します。




くん煙の目的
本来、くん煙は食品の保存性を高めることを目的に行われていました。しかし時代とともに「保存性を高める」という目的は薄らぎ、くん煙の香り付け、スモークカラー、つや等を与えるという嗜好性の向上が主な目的となってきています。

ですが、「保存性」という目的が以前より薄らいだとはいうものの、くん煙をすることで、抗菌作用、抗酸化作用のあるくん煙物質が付着します。また、同時に表面の水分活性が低下することによって、腐敗菌や食中毒菌が増殖することを抑制し、殺菌を行い、脂質の酸化を防止することができます。

ミニ知識・炭火焼きの秘密
昔ながらの燻煙室
1. 遠赤外線効果により、肉の旨味を逃がさずに焼き上げることができます。
2. ガスを熱源とした場合は、発生する水蒸気によって味がぼやけた感じになってしまいますが、炭火の場合は低湿度でじっくりと焼き上げることができます。
3. 肉のたんぱく質の熱変性が違います。おいしさが違います。
4. 他の熱源に比べて、旨味成分を引き出す効果が高いと言われています。
5. 炭火の香ばしい匂いが生成されます。

弊社の工場では、昭和25年の創業当時のくん煙室が、50年以上経った今も現役で頑張っています。年輪を重ねた直火式くん煙室は、同時に播州ハムの歴史でもあります。









前のページへ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6

 
HOMEプライバシー規約 | マスコミ紹介 | 会社案内 | 店長紹介 | サイトマップお問い合わせブログ
ロースハムの製造・販売 有限会社播州ハム工業所
フリーダイヤル0120-89-0868
Copyright(c) BANSHU HAM CORP ,All Rights Reserved