前のページへ戻る
てだこちゃんイラスト てだこの沖縄島通信

001号

 初めまして。この度ほりほりさんのお誘いにより、食のエッセイを担当することになりました、沖縄県は那覇市に住む、飯塚みどりと言うものです(^^)、どうぞよろしく。(ちょっと緊張気味)この通信をお読みになっている方の中にはもしかして「?あれ?この人知ってる・・・」っていう方もおられるかも (^.^;)。去年までは東京で石田翠(いしだ みどり)という名前でハーブや料理などの仕事をしていました。インターネットの方は趣味でホームページ(http://www.tedako.net/midori/)を持ったりしていますが、現在は沖縄で、料理人として店を構えています。
 
 料理研究家ではありましたけれど、料理人としてのキャリアはゼロ!だから今は自分の店で修行中といったところでしょうか。店の名前は『料理工房・てだこ(^o^) 亭』(http://www.tedakotei.com/)と言います。
地中海・イタリア風の家庭料理を出す小さな食堂です。もし読者の皆さんが沖縄へ遊びや出張でお越しになることがあったらぜひ食べにいらして下さいね。イタリア人が食べに来ても堂々と出せる料理だけを厳選素材で作っています。

 さて、食のエッセイ・・・とご依頼があって、あれこれ考えているうちに、地元の新聞にも時期を同じくして「食の雑感」というコラムを連載することになりました。そちらの方は「ナイチャーから見た沖縄の食材」と言うテーマです。ナイチャーと言うのは、「内地の人」と言う意味で、現代沖縄方言のひとつ。沖縄の事はウチナー、沖縄人はウチナンチュー、というのはよく耳にしたことがあると思います。それと対するのがナイチャー。年輩の方だとヤマトンチュー(ヤマトの人)と言う方が多いようです。ヤマトンチューよりナイチャーの方が軽い感じです。沖縄の事をウチナンチューの人たちは愛着を込めて「しまー」と呼びます。「島酒」「島唄」などがそうですが、そのしまーに住みついたナイチャーを「シマナイチャー」と呼びます。表面的にはうち解けていても根底では我々ウチナンチューとあなた方ナイチャーとは違う人種である、という感情もわずかながら含まれている?らしき言葉ですが、そこまで深読みをしないで使っている人も多いです。

 食の話じゃないな(^.^;)ごめんなさい、脱線が得意なもので・・。m(_ _)m
 
私がシマナイチャーになったのは、ちょうど1年ほど前。ぼろぼろの食堂を借り上げて、天井を塗ったり壁を塗ったりしてようやく地中海風の可愛いレストランが出来上がってオープンしたのが7月。この頃ようやく日々の仕事も楽しくこなせるようになりました。店のあるところは、那覇市のど真ん中の松尾というところで、東京で言えば築地のような大きな市場があります。いろいろな生鮮食料品を扱っている店がぎっしりと詰まった公設市場は、殆ど日本的ではなく、香港や台湾、インドネシアやタイの方が雰囲気としてはそっくりです。世界中の市場を歩いては撮影するのが好きで日本各地の市場もまわりましたが、国内のどこにも似ていないのが那覇の市場です。

 沖縄では豚肉をとてもよく食べますが、市場では鳴き声以外のものを全て売っているんですよ!(^.^;)もちろん顔からしっぽまで・・・。生まれて初めてその光景を目にしたのは高校3年生でしたが、あまりのショックにカメラのシャッターも一枚しか切れませんでした。今から20年ほど前のことですが、現在も全く、状況は変わっていません。それってすごいことだと思いませんか?
もちろん売り子さんの女性(沖縄では女性が店の主であることが非常に多い)が代替わりしてお嫁さんとか娘さんに変わったりはしていますけれど、売っている豚肉の積み上げ方まで!20年前と同じなんです。あ、市場では、豚肉は「積み上げて」売っているんです。冷蔵庫に入れなくて大丈夫なのかな?って思うのですが、見ているはしからどんどん売れていくので問題ないようです。
もちろんデパートや、郊外の大型スーパーなどに行けば、日本全国同じ姿のスライスしたパック詰めで売られていますが、市場ではかたまりがどーんと置いてあるのです。しかも、そのように豚肉を扱う店が何十とひしめき合った様を見ると、本当にここはアジアだなぁと感じてしまいます。

 これはインターネットマガジンだから、今度市場の写真をデジカメで撮影してお見せしましょうね!旅行の時だといつもカメラをひっさげているんですが、市場のそばに住んで毎日そこで買い物しているとなかなか撮影などしなくなってしまうものです(^.^;)。豚肉を積み上げて売っている所、撮影してきますね(^_-)-☆

 さて、今月はこの辺で。来月は豚肉の話をもっと掘り下げて?!してみようと思います。(*^^*)/~~


 
◇料理工房・てだこ(^o^) 亭
  http://www.tedakotei.com/

 


前のページへ 次のページへ

このコーナーは無断転載厳禁です。ご注意下さい

沖縄島通信TOPへ
播州ハムに戻る