前のページへ戻る
てだこちゃんイラスト てだこの沖縄島通信

035号

衝撃の親子丼  

 東京に住んでいて、例えば日本中を旅した時に、昼食で立ち寄るドライブイン。または、駅前にあるおそば屋さん。そんなお店に入ったらたいてい「親子丼」をチョイスする事が多かった私。
(ものすごくお腹がすいているときはカツ丼!でした(^^))
重くもなく、軽くもなく、ふつーのお昼ご飯にぴったり、というイメージの親子丼。

 沖縄の、とあるドライブインレストランでのこと。
沖縄のレストランは復帰直後あたりに出来たいわゆる「老舗系」のところだと、フィレミニオンステーキから刺身定食、そして沖縄そばまで、ノンジャンルというか節操もないというか(^^;)ものすごい品揃えで私たちお客を惑わします。
うんと悩んでやっぱり私は「親子丼!」と注文したまでは良かったのですが、出てきた親子丼を見てびっくり!
なんと、鶏の唐揚げが卵でとじてあったのです!!!

 軽くランチ〜と思ったのがかなりヘビー・・・お腹一杯になりました。
同じくカツ丼は、これは日本各地でバリエーションがあるようですが、沖縄のカツ丼は前回ランチでお話しした「紙カツ」が使用されていて、玉ねぎと卵でとじてあるわけではなく、しっかりとしたキャベツやもやしの入ったボリューム満点の野菜炒めがどんぶりご飯の上にみっちり載っていて、その上に「紙カツ」の卵とじが載っています。もうほとんど二食分!というボリューム。

 そこのレストランは、あまりにも沖縄沖縄していて、おもしろいからと通って、あれこれチャレンジしてみましたが、チキンカレーはやっぱり?唐揚げのチキンがカレーの上に載っていたし(しかもカレーの中には鶏肉無し)、天ぷらそばは、日本そばでなく沖縄そばの上に天ぷらが載っている、という奇想天外なメニューが多いので、もしかしてもしかするとそこのお店だけの特徴なのかも??(^^;)
けれども、唐揚げを使った親子丼や、酢豚ならぬ「酢鶏」なんてメニューは沖縄中でよく見かけるので、やっぱり普通なのかもしれません・・・。本当に揚げ物が好きな県民なんです。

 







◇料理工房・てだこ(^o^) 亭   
http://www.tedakotei.com/

 

前のページへ 次のページへ

このコーナーは無断転載厳禁です。ご注意下さい

沖縄島通信TOPへ
播州ハムに戻る