前のページへ戻る
てだこちゃんイラスト てだこの沖縄島通信

041号

うむくじぷっとぅるー

  

とても食べ物の名前とは思えない「うむくじぷっとぅるー」。「うむ」は芋、「くじ」は葛、つまりでんぷんのこと、「ぷっとぅるー」はこの間お話ししたでんぷんを油で炒める料理のこと。私は外食でしか食べたことがないので、詳しい作り方を知りませんが、これはほんとーに名前も、見た目も、不思議な料理です。

だって、葛(でんぷん)を炒めるって、想像できます?もちろん、そのまま粉を 炒めるのではなくて、味を付けただし?(っていうかだしの素)で溶いたものを 使うんですが、ぷにぷにした、半透明のでんぷんが、油(おそらく昔はラードだったから、香りが良かったはず)でまみれて、どろっとお皿に盛られて出てきます。中華料理のあんかけ、の、タレだけ、でももっと固め、みたいな料理なんです(笑)。

究極の節約料理というか、あり合わせの極地!という感じ(笑)。ソーミンも、 小麦粉も切らしちゃったけど、でんぷんがあったじゃない!・・という感じでしょうか・・。味付けは調味料だけで、具は何も入れないみたいですが、お店によっては青ネギや、ニラがちょこっと入ってます。

初めて出されたときは、思わず引いてしまいました(笑)。だって、とても普通 の食べ物という見た目ではなかったんです・・・色も茶色くて・・・そう、茶色 いスライム!!!(すみません(^^;)でもまさに形状はスライムそのもの) しかし!良い匂いの湯気も出ている・・・食べず嫌いは一生のソン!まず食べてみて、それから好き嫌いは決めよう!!と心の中で叫び、勇気を出してチャレンジだ!・・・う・・旨い!(^ワ^)v

ぷにぷにしたものって、人間は本質的に好きみたいで、あの食感がくせになるん ですね〜。もんじゃ焼きとか、そういうなんかメインステージではないいわゆる B級グルメといわれるジャンルに入るのだと思いますが、なかなか、味わい深く、沖縄らしい一品です。今ではメニューにあると、率先して注文してしまうほどの大好物となりました。沖縄の人たちも大好きで、老舗系の居酒屋や家庭料理の店でメニューで見かけることが多いです。

 




◇料理工房・てだこ(^o^) 亭   
http://www.tedakotei.com/

 

前のページへ 次のページへ

このコーナーは無断転載厳禁です。ご注意下さい

沖縄島通信TOPへ
播州ハムに戻る