前のページへ戻る
てだこちゃんイラスト てだこの沖縄島通信

044号

沖縄の刺身3

  

カツオの刺身を酢味噌和えで食べるお話を書きましたが、カツオだけでなく、他の近海魚(1でお話したイラブチャーなども)も、殆ど酢味噌和えOKです。ていうか、わさび醤油より、酢味噌和えの方が美味しく感じることも(^.^;)。濃厚でちょっと甘めの酢味噌と淡泊な刺身が絶妙に合います。また脂ののりが少ない沖縄の近海魚を食べるときは油分を補ってあげると美味しく食べられます。ですからイタリア風にアクアパッツアにしたり、カルパッチョなどにはバッチリなんですよ。

それから、北海道などから空輸される新鮮なサンマ。沖縄の食堂でサンマといったら冷凍がお約束で、しかも食べるときは塩焼きではなくてフライ。おまけに2本づけ。3月頃に、近所の食堂のおすすめメニューに「サンマ定食」とか書かれているのをみるにつけ、脱力しますが、サバも冷凍なので、同じステージなんでしょう。でもサンマは秋以外食べるなんて考えもしない!と思っていた私には耐えられませんでした(笑)。余談ですが、沖縄ではサバは生で刺身にします。これは仰天しました。しめ鯖じゃないんですよ!そのままの生!寄生虫大丈夫なの?!と魚屋さんに聞いても「大丈夫みたいねえ」との答え。ううん、サンマが冷凍でサバが生って・・・・つくづくフシギ。

しかし近年ようやく生のサンマも「秋の」シーズンに居酒屋メニューで「北海道サンマ刺身」などとでるようになり一安心。ところが・・・・ここで安心してはいけないのです・・・。出されたサンマの刺身はキラキラ光って美味しそう・・・でも、添えられた山盛りの粉わさび!!!!やっぱりサンマを食べる食習慣がない地域ではなかなか正しい食文化が伝わらないようです(^.^;)。(もちろんお店にお願いしてショウガのすり下ろしを出して貰いましたが、お店の人は不思議そうな顔をしていました・・・・なぜだ〜(笑))

もう一つ悲しい刺身話を(笑)。熊本の美味しい馬刺。霜降りで分厚く切られた馬刺は本当に美味しく、書いている今でもよだれがでるくらい大好物なんですが・・・。沖縄の居酒屋で馬刺が流行った事がありました。(流行るってのがちょっとフシギな現象なんですけれど、問屋さんが大量仕入れしたんでしょうね(^.^;))早速嬉々として注文したのですが、価格が異常に安いので一抹の不安がありました。だいたいこういうときのイヤな予感は的中する物です。だされた馬刺は、なんとカルパッチョ並に超薄切り!!!しかも冷たいルイベ!!!!...やっぱりその土地では、その土地の物を食べるのが一番美味しくて幸せになれるんだなあ、と思いました(笑)。

終わり。


 




◇料理工房・てだこ(^o^) 亭   
http://www.tedakotei.com/

 

前のページへ 次のペジへ

このコーナーは無断転載厳禁です。ご注意下さい

沖縄島通信TOPへ
播州ハムに戻る