前のページへ戻る

てだこの沖縄島通信
052号

絶品カタハランブーついに出現!

以前38号で「カタハランブー」という食べ物(おやつ?)をご紹介しましたが、ついに!化学調味料なしの、手作り絶品カタハランブーに出会うことが出来ました\(^o^)/。(もちろん家庭では化学調味料なしが当たり前のお家もあると思いますが、私は「嫁」ではないから、旅行者と同じに市販品で探求しています)

私がついに感動のカタハランブーを口に出来たお店は「料亭 美栄(みえ)」という、琉球宮廷料理を出す老舗中の老舗です。(そこでいただいた珍しいお料理については後ほど書いていきますね!)その美栄では、なんと「お誕生日のお客さんにはバースデーケーキではなく、手作りの美味しいカタハランブーがプレゼントされる」という情報を半年前にキャッチ。運良く誕生日前だった私は、スケジュールを合わせて予約!実に半年がかりの一大プロジェクトでした!(ちょっと大げさ(^^;ゞ)

果たして美栄の女将さん手作りのカタハランブーは、2口サイズと小ぶりで、ほのかに豚ダシの味がして青ネギが目にも美しく、とてもかわいらしいものでした。(見た目は、明石の卵焼きみたいに黄色くぽってりした感じ)そしてもちろん、感動的に美味しくて、女将さんにお礼申し上げると、折り詰めにしてお土産に持たせてくださいました\(^o^)/ばんざ?い\(^o^)/

そして家に帰り、気が済むまで?本物の美味しいカタハランブーを堪能しました。(体重計には近寄らないように・・・)やっぱりちゃんと作られたものは、素直に、美味しいんですね。

 

 

 




◇料理工房・てだこ(^o^) 亭
http://www.tedakotei.com/

 

前のページへ 次のペ−ジへ

このコーナーは無断転載厳禁です。ご注意下さい

沖縄島通信TOPへ
播州ハムに戻る