前のページへ戻る

てだこの沖縄島通信
066号

ご飯が先なのだ 1

「カンパ?イ!」「お疲れ様でした?!」で始まる宴会\(^o^)/▽▽\(^o^)/沖縄は元祖地ビール?のオリオンビールがあるくらいお酒好きな県民です。とりあえずビールで乾杯して、その後はシマー。シマーとは、島酒(しまざけ)の事で、もちろん泡盛(あわもり)をさします。米と黒麹菌から作られる純米蒸留酒で、県内には50近い酒造所があるくらい、愛されているお酒です。

元々アルコール分解酵素を持った人が多い沖縄県民、欧米人と同じようにお酒が強いんです。(もちろん例外の方もたくさんいらっしゃいますが概して少ない)そして、沖縄には電車がないから終電もない。とすれば、宴席は体力・気力・財力?の続く限り、延々と続くわけです。オマケに南にあるから日の出も遅いときたもんだ!(笑)夜が長???いのです。(昨年5月北海道に行ったら3時過ぎには真昼のように明るくて非常に驚きました。日本は細長いんですね?(@o@))

東京で飲むときは、10時半過ぎたら終電や終バスの時間を気にしながら腕時計をちらちらチェックですよね。終電逃したら一大事。でも、沖縄ではだいたい9時過ぎくらいから宴席が始まることも多く、10時にみんなが揃い、それから本格的に飲み始め、なんてこともザラ。あり得ない感覚ですよね(笑)。

そして気づけば日付が変わる・・けど誰も帰らない(笑)。帰るどころか、別の宴会からハシゴで流れてこちらに合流、なんて日常茶飯。ある時、朝までやっている老舗の飲み屋さんで午前0時過ぎてからの人の動き観察して見たことがあるんですが、開店早々の9時台よりも0時過ぎてからの方がお客さんがたくさん来店するんです(^^;ゞ。しかもその後2時まで殆ど誰も帰らない!帰らないどころかどんどん増えていく!!!\(@o@)/もうその後は私が眠くて帰ってしまい、最後まで見届けられなかったんですけども・・・恐るべし沖縄の宴会!

そんな宴会の秘密。それが「ご飯が先」なんです。普通、飲みはじめたらつまみをつまんで、食事っぽいご飯や麺は最後に〆って感じで軽く食べたり、解散してからラーメンを食べに行ったりするのが普通だった私が一番オドロイタのがこの「ご飯が先」システムです。


◇料理工房・てだこ(^o^) 亭
http://www.tedakotei.com/


 

前のページへ 次のページへ

このコーナーは無断転載厳禁です。ご注意下さい

沖縄島通信TOPへ
播州ハムに戻る