前のページへ戻る

てだこの沖縄島通信
068号

ゴーヤじゃなくて「ゴーヤー」

沖縄も梅雨入りしましたが、そろそろ美味しくなるのがゴーヤー。
沖縄のなが???い夏を乗り切るのには欠かせない、沖縄を代表する島野菜です。近頃は日本中で栽培されている用ですが、どうも名前が間違って広まっているようです。なぜか「ゴーヤ」と尻切れトンボ。しかも発音も間違っていて、ゴーヤーは『ヤー』にアクセントがあるのですが「ゴーヤ」だと全く違う野菜のよう。
 
なぜそんなことが起こったのかと不審に思い、いろいろ調べてみたら、どうやら本土の大手種苗会社が間違った商品名で売り出してしまったからだと思います。たった一本「ー」がついてないだけで意味も発音も変わり、変な感じ。沖縄では「ゴーヤー」のことを「ゴーヤ」なんて呼びませんので、(笑)このメルマガの読者の皆さんは、ぜひ間違えないように覚えてくださいね(^・^)。

さて、ゴーヤーと言ったら、やっぱりチャンプルーが美味しい!これがまた、「チャンプル」という、語尾をのばさない表記を見かけますが、しっかりのばしてください。大抵沖縄の言葉は、語尾を尻上がりにのばし気味に発音すれば当たってます(^^;ゞ。沖縄の食堂で「ごーやちゃんぷる下さい」と言ったらクスッと笑われると思いますよ!こればっかりは『逆不思議料理』です(笑)。

そして、チャンプルーには必ず島豆腐を使います。島豆腐をちぎって熱したフライパンに入れ、焼き色をつけてからお皿に取り出しておき、その後豚肉とゴーヤーを炒め塩をしたところに島豆腐を戻し、最後に溶き卵で閉じて出来上がりです。豆腐を「ちぎって」、「炒めて焼き色をつけ」られるくらいの豆腐は中々本土には無いと思います、島豆腐は水の中ではなく陸で売られる中国系豆腐なので、出来るわけですが、普通の木綿豆腐で作る場合は、塩を振ってから半日以上しっかりと水切りしてください。島豆腐と木綿豆腐は作り方からしてちがうので、どう作っても同じ物にはなりませんが、だいぶ近いものは出来ると思いますよ!

夏バテする前に、火を通しても壊れないビタミンがたっぷり入った「ゴーヤーチャンプルー」を作ってしっかり食べて、負けない体を作ってくださいね(^・^)。


◇料理工房・てだこ(^o^) 亭   http://www.tedakotei.com/


 

前のページへ 次のページへ

このコーナーは無断転載厳禁です。ご注意下さい

沖縄島通信TOPへ
播州ハムに戻る